2005年03月18日

神戸のラブホ

 こんばんは、ドリーです。

 今回はM・ing発祥の地であるここ神戸について語りたいと思います。
 
私は生まれながらの神戸っ子ではなく、M・ingを始めるにあたって、初めて神戸に住むことになりました。
 
住み始めてまだ1年にも満たないのですが、大分、神戸について詳しくなったと思います。

 どこのスーパーが安いかとか…。

 どこのショップの店員さんが可愛いとか…。

 勿論、どのラブホテルがオススメなのかとかも(笑)

 住めば都とは言いますが、実際かなり暮らしやすいし、遊びやすい町だと思います。

 ちなみに神戸のラブホテルではどこがオススメですか?
 
という質問は、日に何度も何度もお客様から受けています(笑)
 
まぁ、ネットで調べてきた方が割引券とかありますし、お得なんですけど、それでもよく分からないので教えてっていう方が多いんですね。

 ではお教えしましょう!結局、うんちくになってますけど…(苦笑)
 
まず 神戸市中心部でもホテル密集地帯は4つほどに分かれております。

 1、北野エリア
阪急三宮駅西口を出まして、また少し西へ行きますと「生田ロード」という道があります。その道を北上します。「東急ハンズ」と「生田神社」が見えてくるでしょう。その生田神社の北へ向かって回り込んでいきますと、「中山手通り」という東西へ伸びる大きな道があります。その道を横断すると、ガソリンスタンドの「エネオス」が見えます。その裏手側が北野エリアでして、様々なラブホテルが密集しています。駅から510分ぐらいで到着できるでしょう。

 代表的なホテルは、「本陣」「Newパレス」「北野アイネ」「うさぎの耳」「風のメロディ」「ギャツビー」等。

 2、新神戸エリア
 
阪急三宮駅の東口を出ますと「フラワーロード」という大きな道が南北に伸びています。その道を北上していきます と、「加納町交差点」という大きな交差点があります。そこを横断し、更に北上しますと、セブンイレブンが見えてきます。その手前を右に曲がり、生田川へ向かって奥へ進んでいきますと、そこが新神戸エリアのホテル街になっています。やはり駅から510分ほどです。

 代表的なホテルは「エンペラー」「クイーン」「シティフェイス」「アルフィン」「トムボーイ」「ジュークボックス」等。

  3、元町エリア
 
JR 元町駅西口を降りますと、大きな東側一方通行の道があります。この道を横断しますと少し大きめの歩道がありますので、西方向へ歩いていきますと、少しですがホテルが集まっています。駅から5分ほどです。

 代表的なホテルは「1985」「スプラッツォ花隈」「イルデバン」

また、JR元町駅の北にある大きな東側一方通行の道を東方向に歩いていきますと、「鯉川通」という南北に伸びる大きな道がありますが、そこを横断するとコンビニのサンクスがあります。そこを左手に見ながら横切り、最初の角を左に曲がると、「ソレリアン」というホテルがあります。そこを更に北上していくと「ハウディハウハ」というホテルもあります。

  4、新開地エリア

 JR神戸駅北口を出て、更に北上しますと、「大開通」という国道28号線が見えてきます。そこを西へ歩いていきますと、名高い福原ソープ街がありますが、その周辺もホテル街になっています。代表的なのは「クリオ」「スウィング」「アルピナ」「ランドマーク」「ウインベル」「キャンディキャンディ」等。

 代表的なホテルとして挙げたものはほんの一部です。

 こうして見ると、本当に神戸にはホテルが多くあるなぁと実感しますね。
 
ただ、どこが特にオススメっていうのはありません。
 
値段の安さだけ言うなら、北野ギャツビーとかスウィングとかでしょうか。

 内装の綺麗さとかならウインベルマジックなどは改装仕立てで評判良いですね。

 ホテルで呼ぶのは、自宅に呼ぶよりお金はかかりますが、やはり清潔で綺麗なホテルで呼ばれると女性も嬉しいものがあります。ファッションヘルス等での狭くて汚くて前の客の気配がするようなプレイルームよりは断然快適でしょう。また、ホテルを使う余裕の演出が、女性には魅力として映るようで…。たった3000円前後の出費でそれが叶うのであれば、使わない手はありませんね。

 あっ、勿論、ホテルに負けないぐらい自宅を綺麗綺麗に掃除していれば、女性の好感度はホテルに呼ばれる以上のものがありますので。
 
どっちが良いかは、やはりお客様の気分次第でしょうね。

 

posted by ドリードリ男 at 00:09| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2468203

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。