2005年07月23日

「静お姉様との語らい」

こんばんは、ドリーです。

今日は当店の新人さん・静(しずか)お姉様が出勤しておりました。

昼間メインの出勤ですので、既に帰宅あそばれてますが…。

いやぁ、色々経験している女性ですが、その豊富なSM知識に圧倒されっぱなしです。

少し余裕がありましたので、業務の傍ら、静様のお話を伺っておりました。

非常に勉強になりましたよ!

ズバッと見抜かれたのが、私はM男なのはM男だけど、「自分が気持ちよくなりたいM男」であって、「女王様の為なら辛いことでも我慢できるM奴隷」じゃないということです。

まぁ、いわゆる「エゴマゾ」って奴でして…。

その通りですので言い訳もできません(^^;)

でもお店としては、そういった「エゴマゾ」の皆様こそがお客様なのです。

ご自分が気持ちよくなる為ですから、どんな我儘も仰って頂いて結構なんですね。

「前立腺を刺激されてみたい」

「思いっきり踏みつけられたい」

「罵るように言葉責めを受けたい」

「本気で金蹴りをされたい」

「聖水を浴びたい・飲みたい」

などなど…男性が受身になることであれば、かなりマニアックなことでも、大抵の欲望は叶えさせて頂いております。それにそこまでマニアックでない初心者の方、自分がSかMか分からないという方にも、「お試し」でM性感を味わって頂きたい…当店はそんな思いで運営しております。

ただ、私如きの初心者のエゴマゾ・M男では中々難しいものがありますが、肉体的な快楽を追い求める以上に、SMにはセックスでは得られない精神的なつながり・充足感を得られる可能性があります。

静お姉様が仰っているのは、その精神的なつながりを得られるようなM男と出会ってみたいということでして、まぁ一度や二度の逢瀬では難しいでしょうが、お互いの信頼関係が構築されていって、「静様の為なら何でも耐えられます」というM男さんが来て頂いたらなぁ…と思います。

今日は久々に、SMとは? M性感とは?

ということについて深く考えさせられた一日でした。

ああ、でも…常に女性達に気を遣って、講習したり、金蹴りや縛りの実験台になったり、色々悩み事の話を聞いていたり、M性感のルールについてお客様へご理解頂けるまで話したり、私って女性達の為なら大抵の事は我慢できているかもしれない…いや、店長ですから当然ですけど…それで喜んでいる自分がいます。

これってエゴマゾではないですよね?(笑)

 

posted by ドリードリ男 at 02:21| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。