2005年10月31日

「睾丸マッサージについて」

こんばんは、ドリーです。

只今実施中の「たまたま体験隊キャンペーン」の内、前回は「電気あんま」について考察しましたが、今回は「睾丸マッサージ」について考えて見たいと思います。

 

睾丸マッサージは、タイ式やフィリピン式などのアジアンエステでは普通の行為のようですが、日本では馴染みが薄いかもしれません。実際、私も聞いたことはありましたが、数年前にちょっと体験したことがあるぐらいです。

エステは抜きあり・なしがハッキリ分からないのですが、私が行った所は抜きもありました。

でも本格的にマッサージをやっているところはないところの方が多いかも・・・。

エステって、健全な抜きなしエステを隠れ蓑にして、違法な本番あり風俗をやっているところもありますから、マッサージの技術に関してもピンキリだと思われます。

そもそも睾丸マッサージは、タイやフィリピンでは、精力・勃起力増進の為に行われていたようです。抜き目的と言うよりは、医療行為に近いようですね。

ただ、睾丸マッサージを受けてから射精すると、非常に気持ちよいので、抜きはあった方が楽しめるでしょう。

また、精力・勃起力が少し弱まっている人にも当然オススメですね。

 

やり方としては、そんなにパターンが多彩という訳ではありませんが、睾丸を揉みほぐす力の強弱を変えるだけで大分違ったように感じるでしょう。

基本的に初心者には、二個の睾丸(金玉)を丸ごと手のひらで優しく包み込み、シュークリームを掴むように、ゆっくり揉みほぐします。慣れてきたら、手や指で睾丸を指圧して、疲労した精巣や精管の血行を良くし、同時に滞ったリンパ液も流します。

 

普段、Gパンやブリーフで圧迫され、うっ血しやすい状態になっている睾丸をマッサージすることは、うっ血を和らげ、精子の生産や男性ホルモンの分泌を高め、男性機能の回復や腎臓機能の回復に効果があると言われています。

 

そうした状態で射精へ導かれれば、いつも以上の量・濃度の精液がほとばしることでしょう。

実際、私も体験したところ、いつも以上に射精をしている瞬間が長続きしていて、非常な快感を得ることができました。

 

男性が一生の間にオーガズムを感じて射精する時間って、人にもよりますが大体「四十分」ぐらいだそうです。(多分、ドライオーガズムはカウントに入れてないと思われます)

実際、一回の射精は二~三秒ぐらいですものね。そう考えましたら、その短い時間をどれだけ充実したものにするか、風俗はそんな探求の旅とも言えるかもしれません。

(少し臭いかもしれませんが・・・笑)

 

是非、当店としても、充実した射精ライフをお届けしたいものです(^^)

 

posted by ドリードリ男 at 16:39| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8805086

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。